エステの凄技アンチエイジング

自力では不可能なエイジング効果もエステなら!

シワや弛みを回避するには毎日の丁寧な洗顔が欠かせません

日頃の生活から、肌ケアを入念に行っていくことで、乾燥皺や弛みのない皮膚を保つことができます。タルミや、皴の目立ちにくいお肌になるためには、お肌にいい食品を習慣的に食事メニューに盛込んだり、お肌の表情筋エクササイズをすることです。

季節の移り変わりによってUVの強さは変わりますが、一年をを通じて常に近紫外線対策をした方がいいと言われるようになりました。直射日光で膚を焼くことは、以前なら焼き過ぎない程度なら体に良いとされていましたが、最近の傾向ではUVは肌を損ねて身体にダメージを与えるものと言われるようになりました。

紫外線に晒された皮ふは細胞が破壊されて、肌を傷め、ダメージが体内に長期間に渡って残ってしまうので、避けた方がいいといいます。皮ふにUVを受けてしまうと、その影響でソバカスが起きたり、乾燥によって肌の水分が奪われてしまいます。

フェイスケアをしっかり行い、皮膚から無くなっていく水分を補給してあげる事によって、UVの肌への影響を抑えることが可能です。メイク落とし洗顔料を利用して洗顔する際には、汚れが洗い流しやすいように、膚にそっとメイク落としの泡を乗せていきます。

メイクオフ後の洗顔も同様に、ホイップした洗顔料を肌に乗せて力まかせに擦ることのないように、泡を滑らせるようにお顔を撫でながら洗い流していきます。30度から32度のお湯でフェイスを滌ぐことも、洗顔では非常に大事な点です。熱めのお湯で顔を洗い続けると、皮ふのバリア機能を司る細胞間脂質まで洗い流してしまうので気を付けなければなりません。

メイク落としと洗顔が終わり済んだ直後、膚が未だ濡れた状態の内に美白化粧水をふんだんに使用し、皮膚にしっかり浸透させた後に、UV乳液でふたをします。

紫外線が原因で乾燥しやすい肌でも、毎日の丁寧な洗顔と乾燥肌対策を継続することで、素肌に欠かすことが出来ないうるおいを補ってあげることが可能になります。

   

 - アンチエイジング